Menu

社外からの評価

リクルートグループの取り組みに対する評価や受賞を紹介します。

2019年度

リクルートホールディングス

『統合報告書2018』は、アメリカのLACP(League of American Communications Professionals)が運営する『2018 Vision Awards』にて、4つのカテゴリーにおいて受賞

リクルートホールディングスの『2018年度統合報告書』は、8項目の評価のうち、「表紙のデザイン性」、「ステークホルダーへのメッセージ性」、「物語性」、「財務報告」、「情報アクセス」の5項目で満点の評価を獲得し下記4つの賞を受賞しました。
受賞カテゴリー: Silver Award/Top 5 Japanese Report/Outstanding Production Value/Technical Achievement Award

リクルートホールディングス

『2018年度統合報告書』は、アメリカのMerComm, Inc.が運営するARC Awardにてブロンズ賞を受賞

ARCは世界で最も大きなアニュアルレポート関連のアワードの一つで、表紙のデザイン、CEOメッセージ、ライティング、デザイン、財務報告などの項目を評価されます。点数が高かったTOP30%のアニュアルレポートに、ゴールド・シルバー・ブロンズ賞・佳作が与えられます。リクルートホールディングスは、ブロンズ賞を受賞しました。

ARC award

リクルートホールディングス

インデックスの構成銘柄への組入れ

Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index (DJSI)
DJSIは、米国のダウ・ジョーンズ(S&P Dow Jones)社とスイスのロベコサム(RobecoSAM)社が共同で運営し、世界の代表的なESG投資指標の一つです。2019年度Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index (DJSI)の対象銘柄に選定されました。

DJSI

2018年度

リクルートホールディングス

国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関するアワード『The Global SDG Awards』においてSDG10のテーマで受賞

カナダ・トロントで開かれた企業のSDGs貢献を促すことを目的とした『The Global SDG Awards』 の『SDG10 人や国の不平等をなくそう』のテーマにおいて、リクルートグループのリボンモデルが生むSDGドミノ(SDG10から広がるSDGsへの貢献)が選出されました。


詳しくはこちら

リクルートホールディングス

『2018年度統合報告書』は、『Asia Sustainability Reporting Awards 2018』にて、2つのカテゴリーでファイナリストに選出

アジア各国のサステナビリティレポートの中から優れたレポートを選出する『Asia Sustainability Reporting Awards 2018』にて、『2018年度統合報告書』が『Asia's Best Online Sustainability Report』『Asia's Best Diversity Reporting』の2部門でファイナリストに選出されました。


詳しくはこちら

リクルートホールディングス

『2018年度統合報告書』は、GPIF の国内株式運用機関が選ぶ「優れた統合報告書」に選出

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、国内株式の運用を委託している17機関に対して、「優れた統合報告書」の選出を依頼し、そのうち4機関以上の運用機関から高い評価を得た「優れた統合報告書」に『2018年度統合報告書』が選出。
コメントより「選び抜かれた言葉を通して、企業文化、価値観、変化への対応力といった強み・独自性が伝わる。今年度は価値創造モデルについての記載が充実。」


詳しくはこちら

リクルートホールディングス

アメリカのThe Business Intelligence Groupが運営する『2018 Sustainability Awards』にて2つの賞を受賞

組織内でサステナビリティの活動を推進・改善したとして、「サステナビリティヒーロー(エグゼクティブ)」 を池内省五(取締役 兼 専務執行役員 兼 CSO 兼 CHRO )が、市場にある他のサービスに比べよりサステナブルで、エコフレンドリーなサービスに贈られる賞、「サステナビリティサービスオブザイヤー」に下記が選出されました。

また、「サステナビリティサービスオブザイヤー」のファイナリストとして、Geppoが選出されました。

SUSTAINABILITY AWARD2018

リクルートホールディングス

『2017年度統合報告書』は、アメリカのLACP(League of American Communications Professionals)が運営する『2017 Vision Awards』にて、4つのカテゴリーにおいて受賞

リクルートホールディングスの『2017年度統合報告書』「Why are you here?(あなたは、どうしたい?)」は、 8項目の評価のうち、「表紙のデザイン性」、「ステークホルダーへのメッセージ性」、「物語性」、「財務報告」、「創造性」、「メッセージの明瞭性」の6項目で満点の評価を獲得し下記4つの賞を受賞しました。

受賞カテゴリー
Gold Award/Top Japanese Report/Top 80 Reports(Asia-Pacific Region)/Technical Achievement Award

詳しくはこちら

リクルートホールディングス

インデックスの構成銘柄への組入れ

FTSE Blossom Japanインデックス並びにFTSE4Goodインデックスシリーズ
FTSE Russellが作成するESG対応の優れた企業を選定し、構成されるインデックスに選出されました。

STOXX Global ESG Leaders Index
ドイツ証券取引所のグループ会社であるSTOXXが開発した、ESG面で優れた企業を選定するインデックスに選出されました。

STOXX

ECPI ESG World Equity
ルクセンブルクとミラノに拠点を置くECPI社の、CSR活動で一定の水準を満たした世界の企業で構成するインデックスに選出されました。

ECPI

2017年度

リクルートホールディングス

リクルートホールディングスが、ブルームバーグ発表の『2018年 男女平等指数(GEI)』に選出

株式会社リクルートホールディングスは、2018年1月22日、ブルームバーグが発表した『2018年 男女平等指数』に選出されました。グローバル全体で、リクルートホールディングスを含む計104の企業が選出され、日本企業は6社が選出されました。

2018年 男女平等指数(GEI)

リクルートホールディングス

リクルートホールディングスが、GPIFが発表した2つのESGインデックスの構成銘柄に選出

リクルートホールディングスは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2017年7月3日に発表した2つのESGインデックスの構成銘柄に採用されました。米国金融リサーチ会社のMSCI社が提供する、日本株の時価総額上位500銘柄の中からESG評価が高い企業で構成された「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」、また同じくMSCI社が提供する日本株の時価総額上位500銘柄の中から女性の管理職や採用比率が高い企業で構成された「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」に採用されました。

リクルートホールディングス

リクルートホールディングスが、「第30回日経ニューオフィス賞 ニューオフィス推進賞 」を受賞

働き方変革を通じてリモートワーク推進とオフィスクオリティ進化を図り、イノベーション創出の加速に注力したこと、さまざまなタイプのワークプレイスをフリーアドレススペースに設け、姿勢や気分に変化を促し、リフレッシュを通じたイノベーション創出の加速を図っていることが評価されました。

詳しくはこちら

Indeed

Indeedが、HRC Corporate Equality Indexにて「Top Workplace for LGBTQ Equality」に選出

Indeedが、HRC Corporate Equality IndexにてTop Workplace for LGBTQ Equalityに選出されました。

詳しくはこちら

Peoplebank

Peoplebankが「リクルートメント・インターナショナルアワード」にて「働きがいのあるベスト採用企業賞」を受賞

2017年「リクルートメント・インターナショナルアワード」で、「働きがいのあるベスト採用企業」賞を受賞しました。全スタッフが利用できるオンライン学習プラットフォームや、リーダーシップスキルを開発するための研修プログラムを通して、スタッフの能力開発に投資していることが評価されました。

Chandler Macleod

Chandler Macleodが「atWork Australia」にてチャンピオン雇用者に選出

長期的かつ持続可能な雇用を通じて、オーストラリアの方々の生活を支えることに尽力している雇用主を表彰する「atWork Australia」にて、2017年のチャンピオン雇用者に選出されました。

2016年度

リクルートホールディングス

リクルートホールディングスが「J-Winダイバーシティ・アワード」にて3回目となる「企業賞アドバンス部門 大賞」を受賞

企業におけるダイバーシティ&インクルージョンを加速することを目的として、それに取り組む先進企業を表彰する「J-Winダイバーシティ・アワード」において、3回目となる「企業賞アドバンス部門 大賞」を2017年3月に受賞しました。女性活躍推進や働き方の変革などへの取り組みに加え、ジェンダーのみにとどまらない多様性への施策展開などが評価されました。

リクルートホールディングス

ホンキの就職が日本パートナーシップ大賞にて「若者サポート賞」を受賞

社会にインパクトを与えた特色ある企業とNPOの協働事業を表彰する日本パートナーシップ大賞において、無料の若者向け就職応援プログラム「ホンキの就職」が「若者サポート賞」を2017年3月に受賞しました。仕事を探す若者が集まるNPOのサポートステーションにリクルートホールディングスが支援コンテンツを提供するというコラボレーションが評価されました。

Staffmark

Staffmarkが「Best of Staffing クライアント部門」のクライアント賞を6年連続、また「Best of Staffing タレント部門」を受賞

卓越したクライアント・派遣社員へのサービスを提供している企業として、「Best of Staffing クライアント部門」のクライアント賞を6年連続、また「Best of Staffing タレント部門」を受賞しました。6年の成果を認められて、ダイアモンド賞も受賞しました。

Peoplebank

Peoplebankが「Workplace Gender Equality Agency」にて5年連続で受賞

オーストラリア政府機関の「Workplace Gender Equality Agency」が選定する男女の機会均等などの推進が積極的に行われている職場としての表彰を5年連続(2012年-2016年)で受賞しました。